アレンジ賞

アレンジ賞

トレモロコード / 花嫁(静岡パルコ店エントリー)

自己PR

自分よりトレモロコードというバンドを多くの人に知ってもらいたい、南ゆかりというすばらしいボーカリストが静岡にいると言うことと、彼女を含めトレモロコードの活躍の場が増えれば。と言う思いだけです。

曲を聞いた際に 花嫁 というタイトルが浮かんだといってました。一人の女性の結婚観などをつづった歌です。

作品のPR

曲を聞いた際に 花嫁 というタイトルが浮かんだといってました。一人の女性の結婚観などをつづった歌です。

使用機材

  • Cakewalk SONAR X3プロフェッショナル
  • 生楽器 エレキ ベース使用
  • ソフト音源 Addictive Drums 1 EZkeys-ピアノ UVIプラグサウンドプロ-ストリングス

審査員アドバイスコメント

非常に通りの良い声質で、言葉もよく聴き取れ説得力があります。key=Eのダイアトニック・コード主体の進行ですが、スキルの高いアレンジによって最後まで緊張感を失わない展開をキープしています。特にサビのEーB7/D#ーC#7と続いていく流れは特筆ものでメロディとの相性も良く、歌詞の内容を非常によく表現していると思います。サブ・ドミナント・マイナーのAmの盛り込み方もごくごく自然かつ必然です(たいていはとってつけたような感じで聴こえるものです)。

 ベースは巧みにオン・コードを盛り込みつつ(シカゴも顔負けな!)、恐らく非常にテクニカルなプレイもできる人であると予想していますが、あくまでも歌を届けることが最優先の演奏に徹しているところに懐の深さを感じました。椎名林檎が切り開いた熱情路線をトレースしていく感じかと最初に少し感じましたが、途中からどんどん沸き上がっていく激情と巧みなコード・アレンジの世界は、トレモロコードならではと言えると思います。

 録音に関しては、各楽器の定位と奥行き感を含めた音量バランスでいろいろな意見がありそうですが、現在のミックスでも問題無く聴くことはできます。というよりはまずそれらバランスよりも曲として、そして声質の良さで気にならなく聴けたという感じです。これからも素晴らしい楽曲を創っていって下さい。(宮脇俊郎)

賞品

  • YAMAHA HS-7(2台)モニタースピーカー

このページのトップへ