文字ブラウザのアクセシビリティについて

このページのナビゲーション
本文はこちらから
メインメニューへ

About

Burnsギターは、1960年代前半に“ジェームス・オルムストン・バーンズ氏”によって生まれたギター/ベースのブランドです。イギリスの“レオ・フェンダー”とまで呼ばれた彼の革新的なデザインと特徴的なサウンドにより、Burnsは当時影響力のあった多くのミュージシャン達に使用されるようになりました。主なユーザーは、ハンク・マーヴィン、エルヴィス・プレスリー、ジョージ・ハリソン、マーク・ボラン、ジミー・ペイジ、マーク・ノップラー、ブライアン・メイ、トム・ペティなどそうそうたるロックスターたち。Burnsギターは彼らの求めるサウンドを生み出し、そのデザインは常に時代の先駆けだったのです。ジェームス・オルムストン・バーンズ氏

オリジナルBurnsは1970年代に、一度活動の幕を閉じました。しかしBurnsギターを求める声は多く、1992年に正当な復刻ブランドとして再建されました。そして創設から50年の時を経た今、島村楽器はBurns LONDONの日本総代理店として販売契約を締結。さらにBurns LONDONと島村楽器とのコラボレーションにより、日本仕様のモデルが完成したのです。
基本的なコンセプトやデザインなど、オリジナルの良さを引き継ぎつつ、すべてのパーツや仕様を厳しく見直すことでオールド/ビザールといったイメージを払拭。時代をリードするギター/ベースとして生まれかわったBurns。新鮮な感覚を持った若い世代のユーザーにこそ使って欲しい、新しい音楽を生み出すツールです。