住所 〒 455-0858
愛知県名古屋市港区西茶屋2-11
イオンモール名古屋茶屋 3F
電話番号 052-309-3560
営業時間 9:00~21:00 リンク ショッピングセンターWebサイトへ

【即販売可能分1台入荷!】遂に発売!ローランドのエレクトリックサックス『Aerophone AE-10』

  • 2017年01月29日 20:24 更新
  • 記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。
    店頭での価格表記・税表記と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

遂にあの『Roland』がデジタルウインド楽器を発売です!

AE-10

1980年代、あの『F-1の曲』をきっかけに一躍脚光を浴びた「ウインドシンセサイザー」。その後、しばらく表舞台からはあまり姿を見なくなったものの、近年の「テクノポップ」の流行を機に再び「ウインドシンセサイザー」に光が当たっています。
1980年代当時、複数のメーカーからウインドシンセサイザー・コントローラーが発売されておりましたが、現在はわずか2社(AKAI、YAMAHA)にとどまっています。
そんな中、あの時代にも頑なに発売をしなかった『Roland』が満を持して発売する『Aerophone AE-10』。10月8日、遂に発売となりましたが、今回即販売可能分が1台だけ入荷しました!これを逃すと次回は3月の入荷予定となります!
次回も少数の入荷ですので、以前からお考えになられていた方はお早目のお問い合わせをお勧めします!
以前からウインドシンセ、通称「電気サックス」を気になられていた方は是非ともこの機会をお見逃しなく!

今回私、店長兼サックス&ウインドシンセサイザー吹きの宇野が、実機を試奏しました。
エアロフォンのスペックご紹介と共に私のレビューも参考にしてみてください。

皆様のご予約、心よりお待ちしております!

当店にエアロフォンの展示機ございます!!愛知県内でも実機を見て吹けるのは当店含め数店しかありません!ぜひエアロフォンの吹奏感を確かめてみてください!

AE-10
ウインドシンセ「AKAI EWI5000」も展示しております。それぞれ試奏頂く事もできます!

私がご案内いたします

管楽器担当 宇野

管楽器担当 宇野(うの)
略歴 13歳より中学校吹奏楽部でサックスを始めました。主にバリトンサックスを担当し、中学・高校では学生指揮者も担当しています。大学時はマーチングパーカッションをメインで演奏する傍ら、地元高校OB吹奏楽団にて引き続きサックスを演奏していました。同時に出身高校吹奏楽部木管低音パート指導の経験もあります。大学卒業後はSoul,Funkバンドにおいてもホーンセクションとして演奏活動を行い、現在はYanagisawaシルバーソニックバリトンサックスを所有し、名古屋市内の吹奏楽団においてバリトンサックスを担当しています。島村楽器管楽器アドバイザー資格取得。管楽器のことなら何でもご相談ください。吹奏楽・ジャズ・バンドなどあらゆるシーンでの管楽器ライフをサポートいたします!

『Aerophone AE-10』の魅力をご紹介

管楽器の新しい世界を広げるデジタル楽器、エアロフォン

ジャズ、クラシック、ポップスまで幅広く演奏されるサックスをベースに、最新のテクノロジーを駆使して生み出されたAerophone AE-10。管楽器で好きな曲をかっこよく吹きたい方のための新しい電子楽器です。運指はアコースティック・サックスに準拠。リコーダー感覚で気軽に演奏できます。リード構造をともなう専用マウスピースで、多彩なサウンドをブレスでコントロール。ソプラノからバリトンまでの4種類のサックスはもちろん、フルート、トランペット、バイオリン等の管弦楽器から、パワフルなシンセ・リードまで、音楽表現を拡げる厳選された音色を搭載しています。音量調節のできるモニター・スピーカーやヘッドホン端子を備え、電池駆動でも使用が可能。時間や場所に制限されることなく、いつでも演奏が楽しめます。気軽に管楽器を楽しみたい方のための新しいデジタル楽器です。

厳選されたアコースティック楽器とシンセリード・サウンド

ソプラノ、アルト、テナー、バリトン。4本のサックスを1台で。

音域、調性の異なる4本のサックスの演奏を、持ち替えすることなく、1台で可能にします。サックスの音色には、ローランド独自のスーパーナチュラル音色を搭載し、ブレス・コントロールで表現。ソプラノ、アルト、テナー、バリトンと4種類のサックスをユニゾンで重ねた「サックス・セクション」、複数の管楽器を同時に鳴らしてビッグ・バンドを一人で演奏できる「ブラス・セクション」などの音色も搭載し、エアロフォン一台で管楽器の可能性を広げます。

表現力豊かな、厳選された楽器音

アコースティック楽器の音色には、クラリネット、フルート、トランペット、バイオリンなど、楽器特有の振る舞いを再現したスーパーナチュラル音色を搭載。息の吹き込み具合で楽器音を操り、表現します。尺八、二胡などの民族楽器も、独特なリアルなニュアンスを再現。修練が必要な楽器音も、気軽に演奏を楽しめます。ローランドならではのシンセサイザー音色も充実。ブレス・コントロールで操作する楽器だからこそ活きる、厳選されたリード系の音色を中心に搭載しています。

実際に吹いてみました「店長のエアロフォンレビュー①」

音色については、今までのウインドシンセサイザーの常識を覆すかなりリアルなサウンドになっていました。サックスはもちろん、その他の管楽器の音も「某A社のウインドシンセ」に比べると「使える」音になっているなぁと感じました。今まで数多くのシンセキーボードをはじめ、電子ピアノに至るまで、デジタルサウンドで如何にアコースティックサウンドに匹敵させるかを追求し続けてきたローランドならではのサウンドクオリティです!

私が個人的に気に入ったサウンドは「尺八」です!尺八の音で首を振りながら吹くと結構周りからウケました!意外と面白いかも・・・

管楽器プレイヤーが演奏しやすいインターフェース

AE-10

エアロフォンは、まったく新しいタイプのデジタル楽器ですが、アコースティック・サックスと同じ運指で演奏ができます。サックスのキー配列に準じたボタン配置で、左手のオクターブ・キーも装備。リコーダー感覚でも気軽に演奏を楽しめます。リード構造をともなったマウスピースは、内部に高感度バイト・センサーを装備し、マウスピースを噛む力でビブラートやピッチの調整も可能。さまざまなサウンドをブレス・コントロールで表現することができます。

実際に吹いてみました「店長のエアロフォンレビュー②」

「某A社のウインドシンセ」はキーがタッチセンサーになっています。私は現在「E○○4000s」を愛用していますが、サックスの演奏に慣れているとどうしてもこのタッチセンサーに苦しめられることが多くあります。サックス吹きは通常指をキーの上に載せて演奏するため、同じ感覚で「E○○4000s」を演奏すると必ずミスタッチをしてしまうんです(口で表現すると「ペロッ!」という音が鳴ってしまいます)。こちらのエアロフォンは普通のサックスと同じくボタンを押して初めて反応するので、その点はサックスと同じ感覚で演奏できるなと感じました。私的にはエアロフォンの方がストレスなく吹けました。

ビブラートは「某A社のウインドシンセ」ですとマウスピースを噛む形になりますが、エアロフォンはサックスと同じく顎を動かすようにするとビブラートがかかります。サックスよりも大げさ目に顎を動かした方がかかりやすかったですね。

全体の操作感はかなりサックスっぽいです。使いようによっては本物のサックスの練習用として使っても違和感が少ないのではないでしょうか?

いつでもどこでも演奏が楽しめます。

AE-10

エアロフォンは、いつでもどこでも演奏を楽しむことができます。プライベートな演奏時には、ヘッドホンでの消音演奏に加えて、音量調節可能な内蔵スピーカーをモニターとして使用。軽量でバッテリー駆動(単三電池x 6個)もできるので、演奏場所を選びません。バンド演奏やステージでのパフォーマンスでは、アウトプット端子からライン出力し、よりリアルで迫力ある演奏を可能にします。小編成のブラス・アンサンブルでは、CUBE Street EXなどのバッテリー駆動のアンプと組み合わせてチューバやバスーンなどの音色を奏でれば、大型楽器を取り入れた厚みのあるアンサンブルを実現します。

実際に吹いてみました「店長のエアロフォンレビュー③」

このエアロフォンは、まず持った時に最大の衝撃を受けます。とにかく軽いんです!「E○○4000s」を使用してきた方なら必ずここでビックリされると思います。また、エアロフォンにはスピーカーがついています!「某A社のウインドシンセ」はPCやハード音源とMIDI接続することを前提に当初開発されていたため、現在の最新機種にも本体にスピーカーは内蔵されていません。スピーカーがなくてもヘッドホンを接続すれば音を聞くことはできるのですが、やはりスピーカーがある方が絶対楽です。私の場合、「E○○4000s」を家で練習する際はヘッドホンで演奏していましたが、どうしてもヘッドホンをつけること自体が煩わしくなるのです。エアロフォンですと、「手に取って」「電源を入れて」「吹く」。コレだけで楽しめます。これはかなりプラスな要素でした。

スマートフォンのお気に入りの曲を聴きながら一人でアンサンブル演奏

AE-10

外部オーディオ機器との接続に便利なインプット・ミニ端子を装備し、iPhone/スマートフォンなど、デジタル・デバイスの音楽再生も可能。ヘッドホン使用時にも、自分のスマートフォンのお気に入りの音楽ライブラリーを再生しながらエアロフォンを演奏できるので、音漏れを気にせずに、一人でもアンサンブル演奏が楽しめます。

ブレス・コントローラーの表現力を音楽制作で

USBコンピューター端子も装備。外部シンセサイザーのサウンドでの演奏や、コンピューターと接続して音楽制作に活用できます。ブレス・コントロールをフルに活かした演奏データは、鍵盤の入力ではなく、息遣いで操る管楽器だからこそできる表現。シンセサイザーの新しい可能性を広げ、ジャンルを超えた音楽表現を実現します。

価格と主な仕様

AE-10AE-10AE-10AE-10AE-10AE-10AE-10

価格

メーカー 型名 定価 販売価格(税込) 備考
Roland(ローランド) エアロフォン:AE-10 オープン ¥84,240 2016年10月8日発売。
即販売可能分1台入荷!

次回入荷は3月となります。お早めにお問い合わせください!

主な仕様

キー配列 サクソフォン互換キー配列
音源 SuperNATURALアコースティック、PCMシンセ
プリセット・メモリー トーン:40
ユーザー・メモリー トーン:100
エフェクト マルチ・エフェクト、コーラス、リバーブ
コントローラー ブレス・センサー、バイト・センサー、演奏キー、オクターブ・キー、サム・コントローラー、トーン・ボタン
ディスプレイ カスタムLCD
接続端子 INPUT端子(ステレオ・ミニ・タイプ)、PHONES/OUTPUT端子(ステレオ標準タイプ)、USB COMPUTER端子(USB MIDI対応)、DC IN端子
内蔵スピーカー 2.8cm×2、1.5W×2
電源 ACアダプター(DC5.7V)、充電式ニッケル水素電池単3形(別売)×6
消費電流 418mA
連続使用時の電池の寿命(使用状態によって異なります) 充電式ニッケル水素電池:約7時間(容量1,900mAh使用時)
※ マンガン乾電池、アルカリ乾電池は使用不可
付属品 取扱説明書、「安全上のご注意」チラシ、保証書、ローランド ユーザー登録カード、ACアダプター、マウスピース・キャップ、ネック・ストラップ、専用ハンド・キャリー・バッグ
別売品 交換用マウスピース
外形寸法/質量
幅 (W) 128 mm
奥行き (D) 93 mm
高さ (H) 574 mm
質量 855 g (電池含む)
実際に吹いてみました「店長のエアロフォンレビュー④」

ちなみに他社製のウインドシンセサイザー・ウインドコントローラーの重量は以下のようになっています。

AKAI EWI4000sw AKAI EWI5000 AKAI EWIUSB YAMAHA WX5 Roland Aerophone AE-10
874g(電池別) 約900g 610g(音源別) 520g(電池別)
(音源別)
855g(電池含)

サックスも多数展示しております!

島村楽器イオンモール名古屋茶屋店管楽器売場島村楽器イオンモール名古屋茶屋店管楽器売場

当店管楽器アドバイザーが厳選したサックスを多数展示中です。「機種の違いを教えて!」「値段で何が違うの?」等、何なりとお問い合わせください。お客様にぴったりの楽器選びのお手伝いをさせて頂きます!

↓詳しくは下のリンクを是非ご覧ください!↓
【管楽器情報】愛知・三重でサックスをお探しの方!当店サックス在庫情報一覧

商品のご予約、お問い合わせはお気軽に当店まで

店舗名 名古屋イオンモール名古屋茶屋店
営業時間 9:00~21:00
電話番号 052-309-3560
担当 宇野(うの)

お気軽にお問い合わせください。お電話でのご相談もお受けしております。

アクセス方法

Googleマップはこちらをご覧下さい。

イオンモール名古屋茶屋アクセスガイドはこちらご覧下さい。

バスでお越しの方はこちらをご覧下さい。

お支払い方法

-全国へ発送いたします。お支払いは便利な商品代引きにて 各種クレジットもご利用いただけます。

店頭でのお支払い

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。

  • 現金
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • 各種商品券(一部除外あり)
  • waon(ワオン)
  • ショッピングクレジット(最大84回分割まで、半年以内一括払い手数料無料)
  • お振込み

お気軽にお問い合わせください!

*一部使用出来ないカードや商品券もございます。

記事トップへ

「管楽器・弦楽器」カテゴリー 最新情報はこちら

このページのトップへ