住所 〒 455-0055
愛知県名古屋市港区品川町2-1-6
イオンモール名古屋みなと3F
電話番号 052-659-2563
営業時間 10:00〜22:00 リンク ショッピングセンターWebサイトへ

【管楽器】中古A管クラリネット展示中です!

  • 2016年12月16日 17:36 更新
  • 記事中に表示価格・販売価格が掲載されている場合、その価格は記事更新時点のものとなります。
    店頭での価格表記・税表記と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

A管比較!

みなさん、こんにちは!管楽器担当の久野です♪

今回は珍しい種類のクラリネットが中古品にて入荷しましたので、ご紹介していきます。
紹介する楽器はBuffetCrampon(ビュッフェ・クランポン)人気の機種R13A管クラリネットです。A管は実際に見る事も少ない楽器なので、是非店頭でもご覧ください。

A管クラリネットとは・・・?

ところで『A管クラリネットってなに?』と思った方、多いんじゃないでしょうか?
(ちなみに『エー管』ではなく、『アー管』と読みます!)

まずは簡単にクラリネットの種類に関して・・・。
クラリネットって何種類あるかご存知でしょうか?

細かく分けると約11種類あります。意外と多いですよね!
1つ目に紹介するのは・・・と説明していきたいのですが、かなり長くなりますので今回は割愛させていただきます(笑)

主な種類はこちら

まずは分かりやすくよく使われる種類のご紹介です。吹奏楽やオーケストラで必須の種類になります!

E♭クラリネットB♭クラリネットA管クラリネットバスクラリネット

左から【E♭(エス)クラリネット】 【B♭(ベー)クラリネット】 【A(アー)クラリネット】 【バスクラリネット】

種類 特徴
E♭クラリネット 通常のクラリネットよりサイズは小さく、吹奏楽やオーケストラで主に高音を担当しています。明るくシャープな音色が特徴です。
B♭クラリネット クラリネットと言えばこれです!総合的に優れた機能を持つB♭管が一般的で、ソロやオーケストラはもちろん、吹奏楽では大活躍します。
Aクラリネット オーケストラでは必須の種類です。指使いとマウスピースはB♭管と同じです。やや暗く深い音、柔らかな響きが魅力です。
バスクラリネット B♭クラリネットより1オクターブ低い楽器です。低音域は強力な響きを持ち、同じ音域のファゴットより強弱が自由なため、大編成の吹奏楽では木管楽器全体を支える役割です。

B♭管とA管の違い

上の写真、説明でもあるように一般的によく知られているクラリネットがB♭管クラリネットと呼ばれるものです。分かりやすいようにB♭管を基準に比べてみましょう!

今回比較するのはこちら!

★A管 BuffetCrampon(ビュッフェ・クランポン) R13inA

R13㏌A

広いホールの隅々まで音を響かせることのできる、力強い音量、柔軟な表現力、彩り豊かな音色を備えたモデルです。
ベニー・グッドマンが愛用した楽器としても有名で、日本やアメリカを中心に世界各国のあらゆるジャンルのクラリネット奏者に好まれています。日本でも吹奏楽をはじめ、学生さんから一般の方、プロまで広く愛用され、人気No.1の地位を不動のものにしています。

メーカー 型名 通常販売価格(税込) 販売価格(税込)
BuffetCrampon USEDR13 ¥489,500 ¥189,000

(詳しくはこちらをご覧ください。

★B管 BuffetCrampon(ビュッフェ・クランポン) E12Plusトラディショナル

E12Plus

初心者の方にオススメの機種です!
軽い息で鳴らしやすく、低音から高音に渡る音のつながりの良さを備えています。

メーカー 型名 通常販売価格(税込) 販売価格
BuffetCrampon E12Plusトラディショナル ¥146,880 ¥116,640

(詳しくはこちらをご覧ください。

見た目の違い

↓A管のケースです。このようにダブルケースに入ってます!
下の部分にはB管が入るようになってるんですよ。

A管

↓入れてみました!サイズ感はほぼ変わらないように思えます・・・。

A管&B♭管

★実はA管の方が1cmほど長いそうで、長さを比べてみました。
↓バレルとベルのサイズはほぼ一緒のようです。

バレルベル

上管 A管の方が若干長いですね!

上管

下管 こちらもA管の方が長いです!

下管

持ってみた感じはあまり分かりませんでした。指の感覚もほぼ変わらないので、違和感はなかったです!
ちなみマウスピースは同じものが使えます!

音の違い

B♭管もA管も指使いは一緒なのですが、出る音が違います!
A管はラの音が、B♭管はシ♭の音が基本です。(音の高さが半音違います。)

↓詳しくはコチラ!
A管とB♭管との違いは?

音色の違い

B♭管と音色に比べてやや暗く深い音、柔らかな響きを持っています。モーツァルトやブラームスなどがこの楽器を愛し、指定し曲を書いています。
A管は太い深い音がするのでしっとりとした曲に、B♭管は明るい音なのでダンスや勇ましい曲に使われていました。
調により運指が難しくなることが多いオーケストラではよく使われ、吹奏楽ではまれに用いられるのみです。

実際に吹いてみました!

クラリネット吹きの久野がB♭管とA管を吹き比べしました♪
実は久野もA管を吹くのは初めてです!何年か吹奏楽を続けてきましたが、吹奏楽を初めて6年目にしてやっとA管に出会いました。・・・と言っても別の子が担当していただけですが(笑)
たまたまコンクールで演奏する曲がオーケストラ曲を吹奏楽バージョンに編曲したもので、それ以来A管が出る曲には出会っておりません・・・本当にレアです(笑)

吹いてみました

それでは試奏したレビューをどうぞ!
見た目の部分でもコメントしていますが、構えた感じはB♭管と持ち替えても違和感がなかったです。1cmだけですもんね!
また、吹奏感もあまり変化はないように感じられるました。ただB♭管で慣れているので、自分の思った音と半音違う音が出るので不思議な気持ちでした(笑)
音色もA管の方が少し暗めの落ち着いた音色で低音の響きが私は好きです。普段使うB♭管が明るくはっきりした音色のように思えました。

まとめ

いかがだったでしょうか?見た目はあまり変わらないA管ですが、音と音色の部分で違いがあり比較してみると面白い楽器で、運指が難しくなる調の曲では是非お世話になりたいです(笑)
あまり手にすることがない楽器ですので、是非店頭でもご覧くださいね!B♭管の中古も何点か展示していますので、比べてみるのもありですね。

そのほか中古、新品、アウトレット品の管楽器そろえてます。

中古楽器の在庫情報はこちらをご覧ください。
【管楽器】中古楽器なら名古屋みなと店へ!

新品、特価品の在庫情報はこちらをご覧ください。
【管楽器情報】展示品1本限りの「お買い得管楽器」が続々入荷!在庫状況一覧!

商品の状態、在庫等は担当「久野」にお問い合わせください!

久野です!

投稿者 久野 万祐子
プロフィール 中学から吹奏楽部でクラリネットを始めました。その後、管楽器リペアの学校で楽器の奏法、修理などを学んできました。ボカロが好きで、歌い手さんのライブにも行ってます!管楽器メンテナンスのお悩みなどお気軽にご相談くださいね!

その他

1.お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • ショッピングクレジット
  • 商品券
  • 代引き 

※一部、ご利用できないカードや商品券もございますので予めご了承下さい。

2.お問い合わせ先

店舗名 島村楽器イオンモール名古屋みなと店
電話番号 052-659-2563
担当 久野(くの)

「管楽器・弦楽器」カテゴリー 最新情報はこちら

管楽器フェスタ 弦楽器フェスタ
このページのトップへ