ハープ

その外見も音色も、別の世界からきたもののような美しさ、優雅さを持つハープ。オーケストラ演奏においては、主に最後尾で華やかな味付けを添える役割をしていますが、ソロ演奏においては多彩な表情を見せ、奔放な魅力を発揮します。
ハープの中でも手頃な大きさのアイリッシュハープは、はるか昔のヨーロッパで吟遊詩人によって広められたと言われており、その柔らかく乾いた音は、歴史の哀愁を感じずにはいられません。
ハープコース

レッスン形態・料金

このページのトップへ