ファゴット

ファゴットの語源はイタリア語で「薪の束」、英語ではバスーンとも呼ばれます。3オクターブ以上の広い音域を持つことから、本体が長く、管が2つに折れ曲がった構造が特徴です。
古くからオーケストラの低音部を支える楽器として欠かせない存在ですが、その多彩な表現力はまさに独特。
美しく哀愁漂う音色から、ピエロのようにおどけた表情まで、多彩なキャラクターをしっかり演じ分け、ソロ演奏でもひときわ大きな存在感を放ちます。
ファゴットコース

レッスン形態・料金

このページのトップへ