アコーディオン

楽器の発祥は19世紀、中国の笙をヨーロッパの旅行者が持ち帰ったのがはじまりと言われています。空気を楽器に送り込んでリード(笛) を鳴らすという仕組みですが、進化を続けた左手のボタン部分のシステムはまさに凝縮された「エンターテナー」と言えるでしょう。
多彩な音色スイッチ、音列が5度ずつ並んでいるベース、メジャー・マイナー・セブンスコードまで奏でられる構成で、メロディーも伴奏も1人でこなします。 情熱溢れる激しいベローイングから、甘くとろけるようなやさしい音色まで、極めて豊かな感情表現が魅力です。
アコーディオンコース

レッスン形態・料金

このページのトップへ