HOTLINE2010

”HOTLINE”は、島村楽器がプロデュースする、音楽の新しい才能を発掘するための、ライブにこだわったコンテストです。

千葉エリア イベントレポート!!

千葉ファイナル会場

JR京葉線・武蔵野線 新浦安駅下車、駅前ダイエー近くの市民プラザWAVE101大ホールで、千葉エリアFINALは開催されました。イベント当日は過ごしやすい秋晴れ日和、そして…熱い一日の幕開けです。

会場準備

会場準備の様子

市民プラザWAVE101のPAさん、照明さんとHOTLINEスタッフで作られるこの千葉FINALステージ、実は前日から設営準備が開始されていました!楽器搬入や装飾等細かい所までテキパキと作業は進められ、これから来場される参加バンドや観覧の皆様をお迎えします。

ミーティング

ミーティングの様子

参加バンドとHOTLINEスタッフの打ち合わせ。自己紹介、一日の流れ、注意事項等確認しました。「さぁ、今日一日宜しくお願いします!がんばりましょう!」、緊張しているバンドさんにスタッフからのエールを送りました。もちろん、出演順の発表もこの時なのです。

リハーサル

リハーサルの様子

実は一番手とゲストは除き、「逆リハ」と呼ばれるリハーサル。出演順の遅いバンドから順にセッティング、音出し、立ち位置等の確認をします。いつもとはチョット違う広さの会場ですから、バンドさんには徐々に緊張感が高まってきます…。

開場前の様子

開場前の様子

ざっと50人以上の長蛇の列!応援するなら前の方で見たい方々が列を作っているのもHOTLINEならでは。開場直前には100人以上の列になります。イベントの人気の高さがわかりますね。

開場

会場の様子

この日の来場者数はナント358名(!)、出演者、スタッフ合わせると400名近い方々が詰め寄り、たくさんの立ち見のお客様もおられました。一歳の赤ちゃんから70歳代の方まで、最前列から最後尾まで来場者の方でビッシリです。

開演

開演

HOTLINEのイベントの説明、出演バンドと審査員の紹介など…島村楽器スタッフの司会で遂に幕を開けましたHOTLINE2010千葉FINAL。これからいよいよ始まる演奏の直前…会場の熱気が急にヒートアップしてきました!

このページのトップへ

お問い合わせはこちらまで

モバイル