住所 〒 812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東1-3-3
博多ダイチビル201
電話番号 092-477-6180
営業時間 11:00〜19:00
定休日 毎週水曜日(祝日は営業)
リンク

【施工例ご紹介】サックス用防音室/1、木造住宅 2、RC住宅

  • 2017年06月26日 09:29 更新
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
    店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
島村楽器㈱ 博多ドラムショップ&防音ショールームはJR博多駅・アミュプラザ博多から徒歩5分

防音工事の例をご紹介するコーナーです。

ご自宅に防音室を作って、ご自分のライフスタイルに合った音楽のある生活を始められた方々がいらっしゃいます。自分だけの防音室を手に入れられた方々の防音工事例をご紹介いたします。

・自宅にサックス用防音室を作る(木造戸建住宅・リノベーション編)

・深夜も練習できるサックス用防音室が完成(RC戸建住宅・リフォーム編)

自宅にサックス用の防音室を作る(木造戸建住宅・リノベーション編)

・サックスの先生をされていらっしゃるお客様から、「自宅にサックス用防音室を作りたい」とご相談をいただきました。戸建住宅を購入され、リノベーションされるご計画をお持ちでした。防音ショールーム博多店で防音室を体験して頂き、このたび完成いたしました。

・新たに購入された戸建て住宅の1階に3畳のスペースを確保。そのスペースを生かして、サックスやピアノが弾けるように防音室を作ります。楽器が気持ちよく演奏できる響きと、気兼ねなく安心して演奏ができるようにご近所へ配慮した防音性能を目指しました。

防音室レイアウト

防音体験から完成までの流れをご紹介いたします。

①防音体験
・弊社ショールームで防音室を体験して頂き、遮音性能や広さ、楽器の響き具合を確認されました。サックスの防音室を体験

②仕様の決定
・ご使用になる時間帯やご予算に合わせて防音室の仕様を決めていきます。
・ダイケン工業スタンダード★★防音による残響時間シミュレーションで完成後の響きを予想できます。zankyoujikansimyure-syonn

③着工
・防音室の工事が始まります。赤い線で囲われた部分が防音室になります。防音室着工前

・床・壁・天井に吸音ウールを充填しています。防音室吸音ウール充填

・壁は遮音パネルや音楽室用音響壁材を用いた3層の構造です。
音響用壁材「オトカベ」の裏面に接着剤を塗布しています。音の響きを楽しみながら、健康&快適な空間を作り出す壁材です。
遮音パネル

・天井も3層構造。白い部材が防音健康快適天井材「オトテン」です。吸音性と遮音性が求められるピアノ室やホームシアターに最適な音響用天井材です。防音室_天井材

・床も3層の構造。黒い部材は2層目の遮音マットです。遮音マット

・丸窓が特徴の防音ドアを取り付けます。ただいま調整中。防音ドア施工

④防音室の完成(養生)
・防音室は完成しましたが、建物自体はまだ工事中です。傷がつかないよう、防音ドアに覆いを施して引き渡しを待ちます。
防音室_ドア養生

新居が完成。防音室の見学にお伺いしました

お引越しが終わられたので、新居にお邪魔させていただきました。

・入口の防音ドア(エンボス加工・大型丸窓)
防音ドア

・ドアを開けると正面にインターネット対応のPCスペース
防音室_正面入り口

・内部から見た防音ドア周辺
防音室_ドア内観

・奥に電子ピアノが設置。手前にフォームの確認用の姿見。
グリーンがアクセントの落ち着いた内装。吸音に優れた布クロス仕上げ。
防音室_ピアノ回り

・練習風景
防音室_練習風景

背の高いご主人様にもゆとりのある室内空間(天井の高さ=2.5m)。アンサンブルの練習も可能な床面積です。大量に所有される譜面用の棚もこれから設置されるご予定です。
新居にお引越しされてからご主人様はご出勤前に毎朝練習されるそうです。奥様も趣味で演奏を楽しまれます。新しいお住まいで音楽のある暮らしをスタートされました。末永くお幸せに!

サックス用防音室のスペック

広さ:約3畳
室内高さ:2,500mm
遮音性能:Dr-40
防音内装工事日数:のべ6日間(現場によって異なります)

深夜も練習できるサックス用防音室が完成(RC戸建住宅・リフォーム編)

防音リフォーム完成  防音リフォーム完成2

今回ご紹介するのは、ご自宅のなかにある小さなスペースを防音室にリフォームした例です。音楽がご趣味の施主様が、テナーサックス用にオーダーされました。広さは約1.4畳。室内の天井高さは余裕の2400mmを確保できました。さらにテナーサックスの低音域に対応して、低音吸音用のチャンバー(H=540mm)を天井裏に設けています。総合遮音性能はマイナス50dB(500Hz)をクリアしました。まさにテナーサックス専用防音室の完成です。

防音室が出来るまでの主な作業工程をご紹介します。

リフォーム前

防音室施工前
物置として使っていたスペースの一部をリフォームします。

養生

防音室施工養生
作業スペースに養生シートを敷く。傷や汚れを防止します。

解体

防音室施工天井解体  防音室施工床解体
既設の天井・壁・床を解体。

防震アンカー打設

防震アンカー打設
建物に伝わる音の振動をカットする防震アンカーを取り付け。
この部品が固体伝播を抑える重要な働きをします。

胴縁取り付け

防音施工間柱取り付け
防震アンカーへ胴縁を取り付け。

防音施工防振アンカーと間柱
防音室内の音によって発生する振動が壁に伝わらないようになっています。とても大事なしくみです。

気密遮音コーキング

防音施工遮音コーキング
隙間を防ぐ為の気密遮音コーキング処理。わずかな隙間からでも音は漏れてしまいます。
入念な作業が必要です。

吸音ウール敷設

防音施工吸音ウール
空気層に吸音ウールを敷き込みます。空気層は70mm。仕切り壁の厚さは265mmです。

遮音パネル取り付け(1層目)

防音施工遮音パネル
空気層の上に遮音パネルを取り付けます。寸法を測り正確にカット中。

石膏ボード取り付け(2層目)

防音施工遮音パネル取り付け
遮音パネルの上に石膏ボードを取り付けます。

音響吸音ボード取り付け(3層目)

画像
音響・吸音用の音響壁材を取り付けます。防音室内の音の響きを調整する重要なボードです。

天井工事

遮音工事天井
続いて天井の工事。

床工事

遮音工事床
床はフローリング仕上げ。

空調・電気工事

遮音工事コア抜き
エアコン・換気扇・照明などの工事。写真はエアコン用の配管作業。

内装工事

遮音工事内装
クロス貼り。内装の仕上げとなります。

防音ドア取り付け

遮音工事防音ドア取り付け
防音ドアの取り付け・調整。防音ドアは2重です。

遮音性能測定

騒音測定
防音室の内外や屋外で遮音性能のチェックを行います。

完成

遮音工事完成1  遮音工事完成2

完成後にお話を伺ってみました!!

夜中にサックスの練習がしたい!!

「仕事で時間がなくて。どうしても練習する時間がですね、夜遅くなってしまうので。普通の状況じゃできませんから。最初ユニットを購入しようと思ったんですが、『とにかく専門家に相談してみよう』というふうに考えました。」と、防音室購入のきっかけをお話してくださった施主様。

「約半年にわたって親身に相談に乗ってもらった末に、ユニットではなく防音リフォームに決めました。」とおっしゃるその理由は「当初検討していたユニット式防音室だと0.8畳タイプしか入らず、エアコンも設置できない状況でした。防音リフォームならもう少し広いスペースがとれるし、エアコンも問題なく入れられるということですかね。」

また「何度も下見に来てくれた、施工業者に要望を正確に伝えてくれた」と、ありがたいお言葉もいただきました。

快適な空間です

ユニットだと単体遮音がDr-40までですが、今回の防音リフォームではそれを上回る性能を確保できたということも挙げてくださいました。
演奏した感じについては「比較的デッドな響きで非常に満足しています。狭い空間ですけど中で吹いてて耳が痛くなるってこともないですし、非常に快適な空間に仕上がっていて、最終的にはユニットよりもずいぶん良かったんじゃないかな、というふうに考えています。」

そして気になる音もれに関しては「家の構造がRCなので、防音リフォームをしたことにより外への音もれっていうのは、ほとんどない状況です。それは何人かで確認をしてもらってますが。だから外部への遮音に関しては非常に満足しています。」と、お話してくださいました。

最後にご家族の反応を伺いました。「そうですね(笑)、なんか吹いてても、ほんとに、かすかにわかる程度なので、いくら夜遅くやっても気にならないっていうふうには言われてます。」と、少し照れながらも嬉しそうにお話してくださいました。
※音もれについては、楽器の種類や演奏する時間帯、または住宅環境により異なります。

テナーサックス用防音室のスペック

広さ:約1.4畳
室内高さ:2,400mm(+低音吸音チャンバー/540mm)
遮音性能:Dr-50
防音内装工事日数:のべ7日間(現場によって異なります)

同じ設置スペースでも、広い室内空間が確保できます。

ユニット式防音室と防音リフォームを比較すると、設置スペースは同じでも、室内床面積で約1.9倍、室内高さで約1.3倍の防音室内スペースが確保できました。施主様ご希望のエアコンも設置でき、遮音性もご要望どおりの防音室が完成しました。

スペースを有効に使い、ご希望に沿った防音室をご提案します。

ユニット式防音室だとうまく収まらない。でも、お部屋全体を防音室にするとコストが気になるとお考えの方へ。ジャストサイズの防音室はいかがですか。お部屋の一部など小さなスペースが確保できれば、あなただけのオリジナルな防音室が設計できます。広さと遮音性能を自由に設定できてコスト的にも無駄がありません。

あなたの楽器とお住まいにマッチした、あなただけの防音室をご提案いたします。

お見積は無料です。ご体験&ご相談をお待ちしております。

防音体験&相談会は無料で実施しております

事前にお電話にて、ご来店日時をお知らせください。 その他のお問い合わせも、お気軽にどうぞ!!

外観 1階エントランス

試奏・防音体験・防音相談のご予約、お問い合わせはこちらへ

店舗名 島村楽器 博多ドラムショップ&防音ショールーム
住所 福岡県福岡市博多区博多駅東1-3-3 博多ダイチビル201
(博多駅/筑紫口から徒歩5分)
※当店にエレベーターと駐車場はございません。
駐車場は近隣の有料駐車場をご利用ください。
電話番号 092-477-6180
メールアドレス bouon-hakata@shimamura.co.jp
営業時間 11:00~19:00 
※ドラムの試奏時間は18:00までです
※防音室の体験と相談は17:00までにご来店ください
定休日 毎週水曜日(祝日は営業)
お問い合わせ フォームでのお問い合わせはこちらから
担当 和田(わだ)・宮藤(みやふじ)
営業内容

スネア・シンバル・ドラムセット・アクセサリー販売
■Ludwig・GRETSCH・Pearl・TAMA・Zildjian・SABIAN・YAMAHA・Roland他

ユニット式防音室(新品・中古)販売
■YAMAHAアビテックス・KAWAIナサール・インフィストデザイン他

〈ユニット式防音室の防音対象楽器例〉
♪グランドピアノ・アップライトピアノ・アコーディオン・その他鍵盤楽器
♪オーボエ・フルート・クラリネット・サックス・トランペット・トロンボーン・ホルン・ユーフォニアム・チューバ・その他管楽器
♪バイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス・ギター・マンドリン・ハープ・その他弦楽器
♪琴・三味線・二胡・その他和楽器
※電子楽器・打楽器は要相談

中古防音室の買取・下取
■取り扱いはYAMAHAアビテックスのユニット(ボックス・ルームタイプ)のみ ※KAWAIナサールは対象外

防音商品販売
■防音ドア・調音パネル・吸音パネル・遮音マット

各種防音工事
■ピアノ教室・ピアノ練習室・ピアノサロン・リハーサルスタジオ・録音スタジオ・ダンススタジオ・ライブハウス

ご来店をお待ちしています。お気軽にお問い合わせください!!

アクセス

地図へジャンプ

「防音工事」カテゴリー 最新情報はこちら

このページのトップへ